スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴッコオニ

最近作った「ゴッコオニ」という曲をyoutubeにアップしました
よろしければぜひ

白々しさや、脱力感や、小さな怒りのような絶望感のようなものに
捕らわれることがたまにあります。
この曲を作りながら考えていました。

音楽は人に聴かせるものだから
元気で笑顔で清々しいものが良しとされるのは
うん確かにそうだともおもいます。

でもその逆も又しかりというか
一般的に善しとされがたい人間の感情も
表裏一体で在る。生きる上で必然として

だから
ネガティブといいますか陰というか、そういった状態や感情の最中にいても
それを否定する必要はないんじゃないかとかんがえました。

そんな、自分の中にある「負」と感じられていたようなものも
肯定すべきだとおもいながら作りました。

いまの自分なりに
聴いてくれる人に対する精一杯のメッセージであるのは
確かだとおもいます。

言葉ではなんとも現わせない心情を抱くときってあります
詩や曲がその代弁になればとおもいます




小山健太HP

アイドル考

「アイドルファン」というキーワードから、ぼくも世間の人も色んな連想をするとおもう。

否定的な印象を強く持つ人も多い気がする。

それはなんででしょうね。

ここを掘り下げて考えるのは、なんだか楽しい。


誰しも、好きな物事は多種多様にありますね。

釣りでもおしゃれでもスポーツ観戦でもギャンブルでもなんでも。

それは、誰かにとやかく言われるものでもなく、

のびのびと好きを楽しめばいいし、基本的に尊重されるし

それが故に魅力的に見える人もいますね。

しかし
アイドルを好む人らを、公然と非難してもいいような世間の空気みたいなものが
あるきがします。


でも、とりあえずそういう空気を批判したいというのではないのです。


どちらかというと面白いなとおもいます。

たとえば
そんなに物事を批判しない知人などが、アイドルの話をすると
すごく否定的な発言をすることがあります。

なぜゆえにその人は、そこまで否定的になれるのか。。
なぜかな

アイドルそのものに対しての批判なのか、又はアイドルに興味を持つ僕への批判なのか?
そんなものにうつつをぬかしている場合じゃないというメッセージなのか?
そんなもの、というほどまずいものなのか?

というかんじで話がとても膨らみます。


逆に、世間の評価とか抜きにフラットな感覚でアイドルの事を興味津々に
聞いてくれるひともいます。


なんていいますか、とりあえずアイドルの話しというのは
良い意味で敷居が低いといいますか、思っていることをスッと言いやすいのかなと
おもいます。

あれもいい、これもいい、というのでは話が踏み込めないこともあります。
その点アイドルの話題は、けっこう個々の人の立ち位置が明確になって
踏み込んで話せることが多い気がします。

なぜ?が繋がって結局その話す相手と自分の新たな一面を知り得たりしておもしろいです。



というのが、アイドルの魅力の一つだったりします。うん


小山健太HP




Roberto Aussel

最近何を聴いているかと聞かれたりしますと
ハロプロ関係と、ももいろクローバーが大半なんですが
影響を受けたといえばやはり友川かずきさんと答えてしまいます


最近すきなひとがいまして、
それはクラシックギターを弾き出してから、
いろいろガットギター奏者を探していたのです。

村治佳織も最初見てすごいなとおもって
でもなんか物足りなくて、あれこれ探しているうちに
行き当たったのがRoberto Ausselという人。
知名度とかはどうなのでしょうか


こんな風にはまったく弾けませんが
それでも、感覚的に演奏の在り方というか音の出し方というか
すごく刺激になりますし。土臭い気がして大好きです。

知人に観てもらったら、友川さんみたいだと言っていましたが
確かに風貌はまったく違いますが、似たところがあるかもなぁと
おもいます。



音楽でもお笑いでもなんでも
聴き手の心を揺すって惹きこむ必要があって
方法論はいくつかあって
自分はどう出るか

それを考えるのは難しいけどおもしろい気がします
全然意識していなかったけど
かんがえてやっていきたいな

小山健太

ゆかいな仲間たち

ここ最近
ブラマヨとゆかいな仲間たちを、まとめて観ている

見れば見るほどやっぱり好き

ゲスト芸人さんと腹を割って話す番組だが
芸人の生き方は本当に興味深い。
人を笑わせる芸というのは、脈々と形や手法を変えながらも
確固として民衆の生活の中に溶け込んでいる。
どんな時代でも、人が笑いを欲しているのは確かなことなんですね。


で、その番組
笑いがある中でも要所要所、個々の本音や悩みや哲学などが交わされる。

相方との関係やゲストとブラマヨとの関係なども、掘り下げて語られ
「ああぁ~そうなんだ~」という驚きの連続。
芸人さん同士の繋がりの深さとか、誰と誰が仲がいいとかって
テレビ観てるだけではわからないもんね。

アンガールズにブラマヨは敬語だったこと。千原ジュニアとブラマヨは同い年とかとか。


とにかく
観てみてください
http://www.soku.com/search_video/q_%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%A8%E3%81%A8%E3%82%86%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%AA

google chromeなら割合さくさく観られますよ。

お勧めは
チュートリアル、野生爆弾、アンガールズ、ザキヤマさん
かなかな

野生爆弾があんなにまともなのは、初めて観た
アンガールズの田中の話を聞く吉田の真剣な表情はグッときます。


小山健太HP

℃-ute&スマイレージ プレミアムライブ2011春

に行ってきた

相撲で言うなら千秋楽の最終日。
嫌がる友人をなんとか説得し、初コンサート観戦。



ファンの人の盛り上がりがやっぱり凄かった。。
一人で見に来ている人も結構いて、
客席でイソイソとTシャツを着替えている姿は、
清々しく感じた。

ライブはファン在りきだなぁとおもった。
聴き慣れてやや飽きてしまっていた曲も、ライブで見ると
躍動的に体感出来たというか、やはりファンの人たちの
踊とか掛け声?が曲を凄く引き立てていました。

あとは
衣装が数曲ごとに変わるライブだったので
贅沢な気持ちになりました。桃色スパークリングも有頂天ラブもkissmeもオリジナル衣装で。。
ただステージが遠かったなぁ

やっぱ僕は表情が見たい。どういう眼でその場にいるのか。
いま日本のこの社会の中、アイドルで在る一人の人間がどういう面持ちなのか
というのはとても興味深いです。

あと
ものすごく個人的な気持ちですが
もどかしさ
℃-uteもスマイレージも良くも悪くも
ハロプロの3番手4番手という不動の位置で
ハロプロに所属している限りそれは変わらない。はず。
と考えると、どうにももどかしい。

無茶な話だけど、そこに居て良いのか?特に℃-ute。
と思ってしまった。

そこに居る限りずっとモーニング娘とは対等にはなれないし、
そこを追う場合でもなく、もっと自由な土俵に立って欲しいなとおもう。

ん~

こんどはもうちっと前の席で観ます


小山健太HP
プロフィール

oyama012

Author:oyama012
こんにちは

カテゴリ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。