スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月18日(土)丸尾丸子、向井千恵+カムラ+チェチェン、小山vs吉江

ビラ2IMG

2012年2月18日(土)
八丁堀 七針

~出演~

丸尾丸子 (京都)
MARUO Maruko
[voice,accordion,口琴Jew's Harp]

向井千惠  MUKAI Chie
[胡弓er-hu,voice,dance]
カムラ  KAMURA [voice]
チェチェン Che CHEN
[violin,electronics]

小山健太 OYAMA Kenta
[guitar,voice]
×
吉江潤也 YOSHIE Junya
[drums]

開場18:30/開演19:00
前売り 2,000円
当日 2,300円

≪予約≫(定員35名)
「七針」
TEL : 03-6806-6773
PHS : 070-5082-7581
mail:yy@ftftftf.com
〒104-0033
東京都中央区新川2-7-1
オリエンタルビル地下

~紹介~

「丸尾丸子」
いつかどこかの物語を唄ってくれる、稀有なアーティストです。古の空想世界を垣間見るような喜びをもたらしてくれる作品や歌が、昔からずっとずっと人々に愛されてきて、今もやはり変わらずそうなのだと思う。丸尾さんの曲を聴いていてそうおもう。
丸尾さんの曲は、歌われている場所の景色が浮かぶだけでなく湿度とか気温とか匂いとかそこの住人の暮らしぶりとか、僕はそういう事まで聴いていると肌にヒシヒシ感じる時があります。音楽を聴く、作品に触れる喜びというのは、ほんとうに不思議です。。



「向井千惠、カムラ、CHE CHEN」
先日向井さんの企画したクリスマスパーティーワークショップに行きました。知り合いも殆どいませんでしたが、参加者何人かの人とお話しすることができました。真っ直ぐで少し不器用そうで熱心で誠実そうな印象を受ける人ばかりで、何だか温かい気持ちになりました。パーティーの時、向井さんが恥ずかしいと言いながら皆でメリ~クリスマス~で乾杯したのが、これまた何だかホッコリとした気持ちになりました。
カムラさんは長く日本を離れて活動していたため向井さんと共演するのは何十年かぶりとのことです。そこにニューヨークで活動されている日本ツアー中のCHEさんが加わるというのは、何だかとてもワールドワイドな偶然なステージになるんですね。。




「小山健太vs吉江潤也」
吉江潤也はほんとうに潔い漢です。彼にならば僕は殴られても蹴られても刺されても良い。全身全霊で彼に僕のすべてを放ちたい。こんな風に思える人は初めてです。



~プロフィール~
〈丸尾丸子〉 http://yaplog.jp/ganymede/
京都府在住。2006年5月より活動を始める。アコーディオン、口琴、ロシアンハープなどを用いて歌う。体と心にラヂヲのチューニングを合わせて静かに爆発。趣味はロシア民謡、なつめろ、オートバイ、初恋。ソロのほかに「●子は今」「コオセキラジヲ」「森田雅章トラディシオンカントリーバンド」などでの活動も精力的に行っている。

〈向井千惠〉 http://www.kilie.com/mukai/
1981年より自身のユニット“Che-SHIZU (シェシズ)”を始める。現在はChe-SHIZU、即興演奏グループ“打鈍 (dadunr)”、“ENKIDU”、ソロの演奏の他、様々な音楽家、舞踏家、パフォーマー等と国内外で共演している。即興表現によるMIXED MEDIA ARTのフェスティバル“PERSPECTIVE EMOTION (透視的情動)”主宰。即興表現ワークショップを各地で開催している。

〈カムラ〉 http://www.myspace.com/iamakamura
女性だけのパンクバンド、水玉消防団を皮切りに、パンクと即興を行き来する。遊べる限りのヴォーカルをやってみたいという動機は、声の即興グループのハネムーンズ時代からかわらない。現在は、万国民謡バンド"I AM A KAMURA"で日本と英国を中心に活動している。

〈CHE CHEN〉 http://chechen.bandcamp.com/
チェ・チェンはニューヨーク・ブルックリンを拠点にするサウンドアーティスト、即興ミュージシャン。独学で音楽を習得したチェはバイオリンやその他の楽器およびその他の音楽とは無関係な道具を用い、時間そして現在に存在する方法として独自の音楽世界を即興で表現する。これまで向井千惠、秋山徹次、Josef Van Wissemをはじめ多くのミュージシャンと共演。またアート雑誌”O Sirhan” を発行し、レコードレーベル兼出版社であるBlack
Pollen Pressを経営している。」


〈小山健太〉
http://www.geocities.jp/oyama012/page.htm
童謡、民謡、フォークなど日本の土着性の強いものを好み、景色や物語の浮かぶような詩と曲を多く作っている。清掃業の自営をしており「山猫サービス」の代表でもある。近年ハロープロジェクトに異常な関心を抱き、コンサートにも行ったりする。寝る前には「日本むかしばなし」を見るとよく眠れる。。

〈吉江潤也〉 http://morisova.exblog.jp/
常時7~8ほどの音楽性多彩なバンドで活躍するドラム職人であるが故、器量度量は並外れたものがある。また、どこまでも冷静沈着でストイックな姿勢を保ちながらも、その集積は時としてカオスに変わるようでもある。。「Jamaican Cheek」「weehicks」「11☆12」「Farina」「nezi-maki BAND」「folklore kitchen」 「vs.OYAMA」
スポンサーサイト

2012年1月8日(日)新栄 きてみてや

2012年1月8日(日)新栄 きてみてや

「弦が奏でる光 其の一」

出演

qu-ki
wocoto
小山健太

OPEN:18:00/START:19:00
料金:1000円(飲食代別途)

予約 : namo_3@mail.goo.ne.jp

夕食(岐阜)、向井千恵、小山健太ライブ

2011年10月18日(火)
八丁堀 七針

~出演~

夕食(岐阜)
  YUSHOKU(from gifu)
HONDA Keiichirou[vocal、guitar]、NOAMI Shun[bass]IMAO Makoto[drums,percussion]

向井千恵+細田茂美
MUKAI Chie[胡弓er-hu,vocal,dance]
HOSODA Shigeyoshi[guitar]

小山健太
OYAMA Kenta[vocal,guitar]

開場19:00/開演19:30
前売り\2,000
当日 \2,300

≪予約≫(定員35名)
「七針」
TEL : 03-6806-6773
PHS : 070-5082-7581
mail:yy@ftftftf.com
〒104-0033
東京都中央区新川2-7-1
オリエンタルビル地下


夕食、向井千恵、細田茂美、小山健太

~紹介~
「夕食」
僕の中で夕食というバンドは、「聴いて解った大好きだ」と簡単には言えない演奏をしています。でもだから聴きたくないと思うのではなく、「何かある、それに触れたい」という強い磁力を発していて僕に、思考する、冷静に今と向き合う、というエネルギーを与えてくれる。そんなバンドです。スタイルや演奏の様子などは、一見シンプルで物静かな心地の良いバンド、そんな風にも映るかもしれないですが、そこに至るまでのプロセスというか思考の集積の量みたいなものが、眼には見えないけどはっきり在る、と感じさせられます。
だから僕にとっての夕食は、心地よいバンドというよりは緊張感と、冷静さと熱と、魅惑的な刺激をもったバンドなのです。
今を生きる人々に向けられた温かで冷静な眼差しが、大切に言葉となり詩となり曲となっているようにおもいます。

「向井千恵」
全国各地で即興表現ワークショップを行いながら自身のバンドやソロの演奏もエネルギッシュにやられている向井千恵さん。いつかライブで聴いた「裏山で栗を拾う…」という一片の詩が頭から離れずにいます。僕にとって大きな大きな一行の詩です。
向井さんの演奏の時の姿は、遠い目で、離島に捕らわれた物憂げな女性のように見えたり、そうかと思えば10代の少女のようでもあり、時には母親のような温かい眼差しでもあり、時にはある種の冷淡さを含んだような表情だったり。バイタリティーと人間味に溢れた本当にすごい表現者なんだなぁと見る度に見る度におもいます。どんなに名前が売れている人でも、生で見ると音楽や表現への一心さに欠けるように感じて、寂しい気持ちになる時があります。でも、向井さんはそうじゃなかった。それは僕にとってはほんとうに嬉しい励みになる事実です。

「小山健太」
音楽は、聴き手と演奏者の価値観の共有ではないかとおもいます。ぼくは暗い湿っぽいマイナー進行の曲調や、童話のような世界観に強く惹かれ、そういう曲を多く作っています。自分の関心ごとを日々掘り下げて形にして聴いてもらうということは、自分の価値観を発信することなのだと思います。捕らわれなく伸び伸びと掘り下げれば掘り下げるほど、他にない魅力的な音楽になるのかなとおもって、詞や曲を作って演奏しています。聴いてくれた人の心の中に、新たな価値観に触れた喜びとエネルギーが生まれたら嬉しいです。
音楽は、ライブは、混沌とした日々への回答です。

~プロフィール~
〈夕食〉
2008年岐阜県にて結成。岐阜を拠点に活動中。本田慶一郎(ギター、ボーカル)、野網瞬(ベース)、今尾真琴(ドラム、打楽器など)。本田は生活雑貨店「本田」を経営。野網は、岐阜県・揖斐で毎秋行われる音楽フェス「OTONOTANI(オトノタニ)」を主宰。地元音楽シーンの明日の鍵となる人物である。今尾は、バンド「公園」「竹竹バンブー隊」ガムラン・アンサンブル「スカル・ムラティ」などたくさんのグループで活躍中。バンド「夕食」としては工藤冬里(マヘル・シャラル・ハシュ・バズ)のプロデュースで1stアルバムを2011年6月に発表。余分な装飾のない、素朴で温かく、詩的な世界はミュージックマガジンでも紹介され、いま注目が集まっている。


〈向井千恵〉
大阪生まれ
1981年より自身のユニット“Ché-SHIZU (シェシズ)”を始める。
現在はChé-SHIZU、即興演奏グループ“打鈍 (dadunr)”、“ENKIDU”、ソロの演奏の他、様々な音楽家、舞踏家、パフォーマー等と国内外で共演している。
即興表現によるMIXED MEDIA ARTのフェスティバル“PERSPECTIVE EMOTION (透視的情動)”主宰。即興表現ワークショップを各地で開催している。

〈細田茂美〉
1980年よりギターによる即興演奏を始める。かつて荻窪にあったライブハウス「グッドマン」(現在は高円寺)のマスターである鎌田氏saxとの即興演奏ユニット「犬狼都市(キュノポリス)」は既に25年、10年程前から方波見智子percも加わりトリオとなり、現在も継続活動中。他に、しばてつ・モリシゲとの即興トリオ、ヒグチケイコ・モリシゲとの即興トリオ、高原朝彦・渡辺昭司との即興トリオ「即興楽団」等でも活動。


〈小山健太〉
愛知生まれ
童謡、民謡、フォークなど土着性の強いものを好み、景色や物語の浮かぶような詩と曲を長く作り続けている。清掃業を自営しており「山猫サービス」の代表でもある。曲や演奏からは解らないかもしれないが、ハロープロジェクトを始めとする最近のアイドル文化にも強い関心を持っている。


文責 小山健太
プロフィール

oyama012

Author:oyama012
こんにちは

カテゴリ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。