スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roberto Aussel

最近何を聴いているかと聞かれたりしますと
ハロプロ関係と、ももいろクローバーが大半なんですが
影響を受けたといえばやはり友川かずきさんと答えてしまいます


最近すきなひとがいまして、
それはクラシックギターを弾き出してから、
いろいろガットギター奏者を探していたのです。

村治佳織も最初見てすごいなとおもって
でもなんか物足りなくて、あれこれ探しているうちに
行き当たったのがRoberto Ausselという人。
知名度とかはどうなのでしょうか


こんな風にはまったく弾けませんが
それでも、感覚的に演奏の在り方というか音の出し方というか
すごく刺激になりますし。土臭い気がして大好きです。

知人に観てもらったら、友川さんみたいだと言っていましたが
確かに風貌はまったく違いますが、似たところがあるかもなぁと
おもいます。



音楽でもお笑いでもなんでも
聴き手の心を揺すって惹きこむ必要があって
方法論はいくつかあって
自分はどう出るか

それを考えるのは難しいけどおもしろい気がします
全然意識していなかったけど
かんがえてやっていきたいな

小山健太
スポンサーサイト

青い水、赤い水

友川さんが好きで好きでどうしようもない
という、時期があった。

まだ名古屋に居たころと
2008年に出た「青い水、赤い水」を聴いた去年の今頃


友川さんの曲を聴きすぎたせいか
新しい音源を聴いても、違いがよくわからなくなっていて
気持もずいぶん離れていました

でも
「青い水、赤い水」は、テンポや詩が前のめりに走ってゆく感じというか
友川さんの世界観が、新たに拓かれていっているような
そういう印象を受けて、刺激と緊張感をもらえました。

でもやっぱり
僕は詩にすごく惹かれます
「ペンギンのようにきをつけをして」
「大根洗えばベートーベンが聴こえてくるよ…」(いつか遠くを見ていた)
などなど、言葉が先に先にトントントンと駆けてゆくというか
まったくうまく言葉に出来ませんが、とにかくすごいのです。

とはいえ
最近はまためっきり気持ちが離れていて
新作も少し聞いたけど
どうも聴けません

映画も公開されておりましたが
行ってません

なかなか友川さんに対する心情は
複雑なのです。。。自分でもよくわかりません


最近は、ハロプロのアイドルばかり聴いております。
いろいろ人に思われたりしますが
好きなので仕方がないのです。

対象がなんであれ
夢中になれるものがあって
一心不乱に在れることが
ぼくにとっては幸せなのです。


小山健太HP
プロフィール

oyama012

Author:oyama012
こんにちは

カテゴリ
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。